センター概要
  • 入院生活
  • 理学療法
  • 作業療法
  • 言語聴覚抱
  • 嚥下レシピ
  • 地域連携
  • 摂食・嚥下療法(評価)
  • NST(栄養サポートチーム)
  • 治療実績
スタッフブログ
ロボットスーツHALを利用したリハビリテーション
自動車運転再開に向けての支援
嚥下レシピ

摂食・嚥下障害へのアプローチ

摂食・嚥下障害に対し、積極的な検査・治療を実施しています。
中伊豆リハビリテーションセンターでは、患者様が食事を楽しく、安全に食べることができるように、摂食・嚥下障害の診断から治療、予防、フォローアップまで一貫して取り組み、その最大の特徴は多職種によるチームアプローチでトータルケアを実践しています。 

図

摂食・嚥下障害ってなあに?
皆さんは「摂食・嚥下障害」という言葉を聞いた事がありますか。 文字通りいえば、飲み込むことが難しいとか食べる事が難しいという意味になりますが、 具体的にはどんな状態なのかイメージが湧かないかもしれませんね。 「食べ物を食べる」というのは、そもそもどういう事なのでしょうか、まずはそれを 考えてみましょう。
実は食べる事は、口が動く・物を飲み込む筋肉が動くというだけでは上手くいかないものです。私たちはまず、

  1. 目の前の物が食べ物なのか・どんな種類の食べ物なのか等を目でみて確かめます。
  2. それをどの位の量ずつ、どの位のペースで口に運べばよいのかを頭の中で判断します。
  3. 実際に口に入れたらこぼれないように口を閉じ、よく噛んでいきます。その時、舌も良く動かして飲み込み易い塊状に食べ物をつぶしていきます。
  4. 舌で喉の奥のほうに食べ物を運んだら、ゴクンと飲み込みます。この時、食べ物が気管(肺への通り道)に行かないように、喉の奥の筋肉が協力して気管の入口を一時的に塞ぎます。
  5. 飲み込まれた食べ物は胃のほうへ送られていきます。

「摂食・嚥下障害」は、1~5のどこに問題があっても起こります。しかし、問題があれば絶対に食べられないのかというと、そうではありません。まず、どこに原因があるのか、何か工夫をすれば改善するのか等を専門機関に相談・診断を受けることが大切です。食べることは本来、栄養補給であると同時に楽しいことであるはずです。楽しく、安全に食べるお手伝いができるよう努力したいと思います。

摂食・嚥下障害が起こると
○誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を起こす[食物や雑菌などが肺に入ることでおこる肺炎]。
○窒息の可能性がある
○食べられないことで脱水や低栄養となり、全身状態が悪化する
○食べる楽しみが喪失

これらは、人が生きる上で尊厳にかかわる重大な障害であると言えます。

摂食・嚥下障害チェック項目
食事中、むせることがよくある
お茶などの水分でむせることが多い
特に食後にのどがゴロゴロする感じ(たんが絡んだような感じ)がある
のどや口の中に食物が残る感じがする
口から食物がこぼれることがある
体重や尿量が減少した
食べたがらない
夜、咳き込んで目が覚めることがある
風邪ではないのに発熱が続く

もしも、これらの項目にあてはまるものが多いようであれば、早めに中伊豆リハビリテーションセンターにて受診されるか、言語・嚥下障害を担当する言語聴覚士がいる医療機関・施設にご相談ください。

中伊豆リハビリテーションセンターおよび伊東の丘クリニック歯科口腔外科での治療の流れ

  1. 医師、看護師、言語聴覚士による入院時もしくは診察時評価
  2. 嚥下造影検査(VF)や内視鏡検査(VE)による精密検査
  3. 嚥下専門歯科医師との連携
  4. 言語聴覚士をはじめとしたリハビリテーションスタッフによる摂食機能療法などのリハビリテーションの実施
  5. 患者さまにあった様々な食事形態の提供

しかしながら、摂食機能療法などのリハビリテーションを実施しても、口から食べることが難しいと判断させていただいた患者さまには、胃瘻(いろう)[胃に直接栄養を入れる]などの代替栄養法を提案いたします。


受診の申し込みについて

中伊豆リハビリテーションセンターにて摂食・嚥下外来(相談、受診、治療)をご希望の方は、現在のかかりつけの先生より「診療情報提供書」をいただいたうえ、地域連携室までFAXもしくは郵送でお送りください。予約時間等はおって中伊豆リハビリテーションセンターより連絡させていただきます。

詳細はこちら
◇摂食嚥下外来リーフレット(PDF 177KB)
摂食・嚥下外来「診療情報提供書」のダウンロードはこちら
◇診療情報提供書(PDF 69.8KB)
診察は予約制となっております。実施場所については、患者様のお住まいや予約状況によってことなります。詳細は下記までお問合せください。

また、脳卒中を発症され、現在急性期病院などに入院されている方で摂食・嚥下リハビリテーションをご希望の方は、中伊豆リハビリテーションセンターにご入院後、身体の運動機能回復のための回復期リハビリテーションと平行して摂食・嚥下リハビリテーションを実施します。

◇転院の場合はこちらへ >> 入院の手続き

摂食・嚥下障害は、適切な評価や摂食機能療法・運動療法等のリハビリテーションによって、食事形態や食事姿勢の調整で対応できることも少なくありません。
また、NST(栄養サポートチーム)とも連携をとり、ひとりの患者さまに対し様々な専門スタッフが関わりをもった、トータルリハビリテーションを実施しています。

中伊豆リハビリテーションセンターでの摂食・嚥下リハビリテーションにより、「口から食べる」喜びをとり戻した患者さまも多数いらっしゃいます。

●お問合せ

社会福祉法人 農協共済
中伊豆リハビリテーションセンター 地域連携課
〒410-2507 伊豆市冷川1523-108
TEL:0558-83-2115 FAX:0558-83-2202


このページの上へ