センター概要
  • 入院生活
  • 理学療法
  • 作業療法
  • 言語聴覚抱
  • 嚥下レシピ
  • 地域連携
  • 摂食・嚥下療法(評価)
  • NST(栄養サポートチーム)
  • 治療実績
スタッフブログ
ロボットスーツHALを利用したリハビリテーション
自動車運転再開に向けての支援

NST(栄養サポートチーム)

リハビリテーションと良好な栄養状態が、あなたの機能回復力を高めます

NST〈栄養サポートチーム)の取り組み
中伊豆リハビリテーションセンターでは、基本医療の質の向上の観点から、「栄養」の大切さを見直し、積極的かつ適切な栄養療法を実現するために、栄養サポートチーム(NST)に取り組んでいます。
患者さま個々の栄養状態を「栄養管理」の視点より評価を行い、患者さまにとって最も適切な栄養管理法を実践し、さらには合併症の予防や治療を行い、より効果的なリハビリテーションを施行しています。

一人でも多くの患者さまが、必要な量の食物を「口から食べる」ことができるようになっていただくことも、
NSTの大きな目標です。

図

NST〈栄養サポートチーム)の取り組み
  1. 定期的な栄養状態や摂食状況を評価します。
  2. 患者さま個々の栄養状態、病態に応じた適切な栄養療法(栄養経路を含む)を選択し実践します。
  3. 患者さま、ご家族への説明および助言を実施します。
  4. 状態により栄養摂取量補充のための補助流動食などを使用します。
  5. 栄養補助食品(サプリメント)を利用します。
  6. 摂食機能療法を実施します。

NST活動は、患者さまの入院中の診療、生活に関わるすべての職種のスタッフが、担当・病棟の域を超えて関わっていきます。毎週NST回診を実施し、NSTスタッフが患者さまの病室にうかがうこともあります。
食事の際は、管理栄養士や調理師、リハビリスタッフなども患者さまの摂食状況を拝見させていただくほか、直接患者さまにお話を伺います。

NSTに関わる職種
医師、歯科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師、ソーシャルワーカー、事務員


このページの上へ