医療
  • 入院生活
  • 理学療法
  • 作業療法
  • 言語聴覚抱
  • 嚥下レシピ
  • 地域連携
  • 摂食・嚥下療法(評価)
  • NST(栄養サポートチーム)
  • 治療実績
スタッフブログ
ロボットスーツHALを利用したリハビリテーション
自動車運転再開に向けての支援
嚥下レシピ
病気や交通事故などのけがにより身体に障害のある方に対し、 治療とリハビリテーション訓練を行い、機能の回復をはかります。
写真

障害の原因に対する診断や問題点の評価を行ない、回復の程度を予測のもと治療方針を決定して、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、摂食機能療法等を処方し、投薬や補装具・手術治療の必要性も検討します。

特に、嚥下障害を有する方々に対しては医師、言語聴覚士、ナース、歯科医師、歯科衛生士・栄養士が連携をはかり嚥下リハビリテーションに力を入れ取り組んでいます。


理学療法 運動療法・物理療法・義肢装具療法、日常生活の指導や住環境整備などの働きかけなどを行なうことにより、在宅生活・社会生活の再構築への支援をします。
作業療法 様々な器具を用いて、生活していく上での身の回り動作獲得の援助を行います。また、必要に応じて家屋改修や自動車運転訓練の相談も行います。
言語聴覚療法 ことばを使って周囲に意思疎通を図ることが困難な方に対し訓練を行なうとともに周囲の方々に対しても専門的な援助を行ない、コミュニケーションを通して豊かな生活が送れることを目的としています。
摂食機能療法 脳卒中などで神経が障害されたり、口やのどに病気が起こり、うまく食事ができない方に対し訓練を行ない、安全に食事ができるよう援助します。

このページの上へ