センター概要
  • 入院生活
  • 理学療法
  • 作業療法
  • 言語聴覚抱
  • 嚥下レシピ
  • 地域連携
  • 摂食・嚥下療法(評価)
  • NST(栄養サポートチーム)
  • 治療実績
スタッフブログ
ロボットスーツHALを利用したリハビリテーション
自動車運転再開に向けての支援

言語聴覚療法

写真

言語聴覚療法とは、言葉に障害のある方に対して、より円滑にコミュニケーションを行えるように評価、訓練、アドバイスなどを行うことです。

患者様の各症状や障害の種類、重症度によって一人一人異なった訓練を行い、コミュニケーションをとる際に必要な、「聴く」「話す」「読む」「書く」と言った各言語機能に対して訓練を行っております。


言語聴覚療法

ことばの理解や表現する事が困難な方や難聴がある方、食事中にムセがあり、食べ難い方などを対象としています。障害のある方だけではなく、周囲の方々に対しても、医師、看護師、リハスタッフなどと連携をとりながら、より良い在宅生活が送れるように、専門的な援助を行います。

摂食・嚥下障害に対しての取組みの内容

摂食嚥下障害のある方について、定期的に検査、評価を行い、段階的に訓練を行っています。また、昼食時には言語聴覚士が食堂に行き、摂食・嚥下障害のある患者様の摂食状態のチェック、アドバイスを行い、看護師、介護福祉士と協力して経口摂取を進めています。

失語症、運動性構音障害に対しての取組み内容

失語症、運動性構音障害のある方については、定期的に評価を行い、その方にあった適切な訓練を行いコミュニケーション能力の向上を図ります。

このページの上へ