研究実績
  • 歩行を科学的に分析する 一般の方向け
  • 歩行を科学的に分析する 専門職の方向け
  • 業績一覧
スタッフブログ
ロボットスーツHALを利用したリハビリテーション
自動車運転再開に向けての支援
  • 入院のご案内
  • 外来リハビリのご案内
  • 入所のご案内
  • 施設のご案内
  • 伊東の丘のご案内
専門職の方向け ~動作を科学的に分析する

動作分析機器の紹介
中伊豆リハビリテーションセンターには、医療機関としては世界有数の動作計測・分析機器が設置されています。

3次元動作解析システム
VICON
赤外線カメラ8台
床反力計測装置


平行棒荷重計測装置(共和電業製)
表面筋電図計測システム(能動電極,データロガー型)

計測結果は、数値化して分析します。
○ 関節角度(体節間のなす角)
○ 関節モーメント, 関節パワー
○ 床反力波形,床反力指数(*)
○ 重心位置
○ 筋活動
※窪田俊夫,他: 歩行分析の臨床応用について。総合リハ、1979年


研究活動
現在、中伊豆リハビリテーションセンターでは、動作計測・分析機器を使用した様々な研究を進めています。

片麻痺者の歩行

立位での足挙げ動作

車椅子駆動


●お問合せ

歩行分析に関するお問い合わせは、こちらまで


このページの上へ