先進リハビリのご案内
  • 回復期リハビリテーション病棟 への入院を希望される方
  • 外来リハビリ(通院) を希望される方
  • 福祉リハビリテーション の利用を希望される方
  • 生活リハビリテーション の利用を希望される方
  • 在宅介護サービス の利用を希望される方
スタッフブログ
ロボットスーツHALを利用したリハビリテーション
自動車運転再開に向けての支援
  • 入院のご案内
  • 外来リハビリのご案内
  • 入所のご案内
  • 施設のご案内
  • 伊東の丘のご案内

一般の方向け

写真

ロボットスーツHALとは

立つ・歩くことが出来ない方を、ロボットが自立した動作を支援します。
(筋肉の活動・ 両足の荷重を促します。)


ロボットスーツHAL訓練の際には、両足・お腹に電極を貼り、ロボットスーツHALを装着します。そして、機械のサポートの力を調整しながら立ち上がりや歩行訓練を行ないます。1回の訓練に要する時間は、60-80分間程度です。


立ち上がりや歩行訓練の活用

入院・外来患者、施設利用者を対象に、ロボットスーツHALを用いた立ち上がり訓練・歩行訓練・階段昇降訓練などを実施しています。
また、3次元動作解析装置を用い、分析結果をもとに訓練を実施します。
(詳しい内容は、理学療法科 TEL:0558-83-2111へお問い合わせください。)


ロボットスーツHAL外来の流れ

  1. 受診をご希望の方は理学療法科へ連絡をお願いいたします。 外来診察の日程や時間、介護保険の利用の有無、身長・体重、身体機能など確認します。
  2. リハ専門医による診察でロボットスーツHALの適応について確認します。
  3. 初日は3次元動作解析装置を用いた歩行・立ち上がり動作の計測を実施します。
    (診察の受付は、理学療法科 TEL:0558-83-2111にて承ります。)

このページの上へ